ニードル脱毛が流行らないわけ

永久脱毛とは何かと聞かれたとき、ちゃんとわかりますか?脱毛サロンやエステサロンでの脱毛は永久脱毛に当たるのか、正確に理解している人は少ないかもしれません。永久脱毛は、読んで字の如く、施術をした場所にはこの先ずっと毛が生えてこないようにする脱毛の事です。

実は、サロンなどでの脱毛は永久脱毛とは言えません。なぜなら、サロンで採用している脱毛方式は、開発されてわずか20年ほど。よって、初期にこの施術を受けた方が死ぬまで毛が生えてこなかったという事実がまだ確認できていないのです。

よって今の脱毛業界で、確実に永久脱毛ですと言い切れるのは、ニードル脱毛という方法しかありません。では、みんなこの方法で脱毛をすればいいのではないかとお思いでしょうが、日本ではあまり普及していません。なぜなら脱毛効果を上回るリスクがあるからです。

ニードル脱毛はムダ毛を1本ずつ処理していきます。細い針を毛穴に刺し、そこに電流を流すという方法です。とても時間のかかる作業な上に、信じられないくらいの痛みを伴います。しかも高い…。毛を無くす代償が大きすぎるのかもしれません。

費用対効果を考慮すると、脱毛サロンなどでの脱毛が最もコストパフォーマンスが高いのかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ